ナルナルボカシの醗酵写真集-日々変化する菌叢(きんそう)


土耕菌ナルナルを使ってボカシを作ると日々変化する様子が楽しめます。

ご自身でナルナルボカシを作るときの目安として下さい。


醗酵の最終段階、菌糸が全体に回っている。温度も自然低下。
醗酵が終了した時の菌糸の顕微鏡写真、菌糸の太さは0.01ミリ位。
醗酵が終了したナルナルボカシを堆積していた所、奇妙な造形を始めていた。


米糠ボカシの醗酵中の写真 醗酵温度は45度程度。 右は、ダンボールの壁に向かって伸びる菌糸。萌え!
米糠ボカシの醗酵中の写真 約7日目。ダンボールが小さかったので保温効果が薄く、醗酵が遅れています。表面とサイドに菌糸のもやが発生中。温度が下がると同時に菌糸も蜜になってきます。
醗酵もみがらの色の変化。気温が10度くらいあれば、小さなダンボールの中で簡単に醗酵します。5日目位になると色も黒ずんで温度も低下してきます。完成です。2日目位では、指を挿すとザクッと指を中に入れることができますが、5日目にもなると指が刺さりません。菌糸が充満している状態です。畑に使用する時はほぐして使います。あるいは、水をかけると菌糸は溶けて、籾殻はバラバラになります。右の写真の右下のダンボールの中は菌糸で籾殻の塊ができています。
菌糸の発生は環境で大きく左右されます。右の写真は左の写真の札を外した所です。左の写真の表面には、菌糸がみえませんが、右の写真のように札をを外したその下に菌糸が発生していました。微妙な環境変化が菌糸を発生させます。
右上の写真のアップです。↓冬季は、発熱した温度を保護するため、毛布などをかけますが、この写真のものは、経過観察のためわざと毛布を開放し温度を逃したため、醗酵が中途になっています。ですから、白い札が蓋となり、やや保温されて、醗酵が再開されたのでしょう。
屋外で大量に作る時は、日陰の方が良いです。左の写真は悪い例です。雨の日はシートで濡れないようにしますが、むき出しだと水分の蒸発が早すぎます。このような時は、ゴザやムシロで覆って通気性を確保してから、ビニールシートで軽くおおいます。左の写真は日陰の小屋の中です。真下にはコンパネがしいてあります。このような場所ならシートで覆わなくてもかまいません。但し、堆積する高さは50センチまでにして下さい。あまり高くすると下部の醗酵がよくありません。初心者がいきなり、大量に作るのはやめたほうがいいでしょう。まずは多くてもモミガラ100リットル位から初めて、勘を掴んだほうが、大量に作るときの参考になるでしょう。
適当な倉庫がない場合、廃車を使う方法もあります。冬場は温室代わりにもなります。右は部屋の中で作ったナルナルボカシ。夏場だったので3日でこの状態になります。
石川件のお客様から送られた写真。赤い色素が見えますが、これは、光合成細菌ですので問題ありません。水分過多の時に発生します。左の写真は、千葉県お客様から送られてきたものいです。説明書通りに作ったそうです。冬場で1週間後のものです。温度が自然と下がれば完成です。環境によっては、白い菌糸以外に、カラフルな菌糸が登場することもありますが、分解過程で発生するものなので問題はありません。

モミガラぼかしの完成は、菌糸のカタマリが出来て、温度が自然と下がったら完成です。途中で水分をあげると再発酵をします。これを繰り返すと、分解がどんどん進んで、体積がどんどん減って行きますのでご注意下さい。その場合、広げて自然風に当てれば自然と温度が下がります。