ナルナルボカシの醗酵過程-多段層醗酵


土耕菌ナルナルを使うと、何故簡単に籾殻が分解されるのかを解説します。


【 解説 】ナルナルボカシの特徴は、醗酵中の菌層を大切にするということです。

セルロースの分解という前代未聞の発酵を高速に行う時に、菌達がてんでバラバラに活動していたのではこの大仕事が出来ません。秩序だった分解の順序を踏まえることによってスムーズに自然にもみ殻が分解されて行きます。

多段層醗酵の写真
写真1

この写真は、もみ殻発酵中の培養層の中の様子を掘った断面図です。中央と表面付近では違う微生物が、働いています。時間が経つと表面の菌糸が徐々に内部に進出して行きます。

発酵の手順は、

@乳酸菌、麹菌によるアルコール発酵による前処理、(籾殻を覆っているクチクラ層(水を弾くワックス)を溶かすことと、Aで活躍する菌達の餌を作ります。)

  ↓

Aセルロース分解菌によるセルロース、ヘミセルロースなどの分解。図2参照

  ↓

B放線菌類等の繁殖(土の中で増える菌、土壌菌)

という手順で進んで行きます。

その経過はなんと匂いで判断することができます。

@では、甘いフルーツワインの香り(短時間で消えるので、匂う瞬間に立ち会えばラッキーだと考えていいでしょう) Aでは、セルロース(糖鎖)が分解されて低単糖に移行しますので、甘い黒糖の匂いがします。この時、水分がやや多めですと、枯草菌等によるドブ臭い匂いも多少混ざることがあります。Bでは、単糖(砂糖の仲間)が好きな放線菌(土壌菌群)が繁殖し完成となります。図2参照

この単糖類には、ガラクトースやマンノース、オリゴ糖、ブドウ糖などの様々な種類の糖が含まれています。よく、畑に砂糖類を直接散布する方がいますが、緊急時の対処なら良いですが、継続して、散布すると、肝心のセルロース分解菌がいなくなり、結果として畑を壊す原因となりますから、ご注意下さい。

多段層醗酵模式図
図1
この図では、ボカシている時の内部の菌群の種類を色で分けたものです。
醗酵する段階ごとに段層ができます。(ダンボール箱での発酵では、量が少ないので綺麗な段層は判りづらいかもしれません。)

このように段層を作る発酵を私は多段層醗酵と名づけました。
ナルナルボカシでは、この段層を大切にしています。ですから攪拌はしないよう指導しているのです。攪拌すると、折角出来た段層が破壊されリセットされてしまうからです。
これがこれまでの堆肥作りと最も違う考え方であり方法です。
このような方法が可能になったのは、ナルナルの発酵臭が臭くないということです。
堆肥作りは、如何に悪臭を防ぐか、という所から技術が発展しましたから。

図2
モミガラ分解菌ナルナルがセルロースを分解する仕組み

 難しい話をできるだけ、やさしく書きました。
 これまでの、微生物資材は、セルロースの分解するチカラが弱かったのです。
それは、また、どうすれば微生物によって効率的にセルロースを分解する事が
できるのかも謎のままでした。ナルナルを解明することでその謎が明らかになりつつあります。
こうすれば、セルロースが早く分解するという道筋が見えたからです。

 土耕菌ナルナルが、モミガラの主成分であるセルロースを分解する事が出来たのは、
偶然に近いものがありますが、自然界の仕組みを応用したと言う事が言えます。
できるだけシンプルに気持ちのいい醗酵ができるよう菌達の住み心地を良くしてあげたからでしょう。皆さんもモミガラボカシを作って、菌達のシンフォニーを嗅いで見て下さい。